理学療法学科の特徴

東京リハでトリプルジャンプ
東京リハで伸びる、3つの力 どんな場所で働くどの理学療法士にも必ず求められる力があります。
でもそれがどう求められていて、それにどう応えればよいかは、教えられて身につくものではありません。
東京リハでは、その力がなぜ必要なのか実感し、自らを成長させていける、リアルな学びを豊富に用意しています。
そこで身につけられるのが
「即戦力」「人間力」「合格力」の3つの力。
自ら身につけた力は、社会から強く必要とされ、求められる理学療法士として夢の実現につながります。
最初は不安でも、切磋琢磨できる仲間や先輩、支えてくれる熱心な先生がいます。
東京リハだから大きく伸びる、理学療法士に必要な3つの力を紹介します。

01 即戦力

東京リハでトリプルジャンプ
患者様の状態は一人ひとり違っています。
リアルを身近に、考えて行動する力を身につける。
理学療法士の「即戦力」とは、一人ひとりの患者様に合わせて、自ら考えて行動できること。
ケガや病気の状態をきちんと把握する、患者様の気持ちやご家族の気持ちを理解する、それぞれに合わせて適切な対処をする、そうして患者様が安心できてこそ、「即戦力」です。
校舎内にはリハビリ施設と保育園が併設されていて、理学療法士である教員がリハビリ計画の作成もしています。
そんなリアルを身近に見られることも大きなメリット。
東京リハには、国の定めより216時間以上も多い実習を通して、「考えて行動する力を身につける」プログラムがあります。

02 人間力

東京リハでトリプルジャンプ
必要とされるのは、患者様に寄り添う気持ち。
人が人で磨かれる学生生活があります。
リハビリテーションはケガや病気で不自由になった身体機能の動きを改善し、回復をサポートする仕事。
患者様と共に高いハードルを越えていく気持ちが必要とされます。 一人ひとりがどんな生活をしたいのか、ご家族は何を望むのか、積極的に理解する力を身につけます。
人間力を磨くのは勉強においてだけではありません。
学校行事は全て学生が運営しています。
何のための行事か、どうすれば目的が達成できるか、学生同士が時には意見をぶつけ合いながら考えています。
より豊かに成長するために、東京リハには、人が人で磨かれる環境があります。

03 合格力

知識や技術が十分備わっていて信頼できる。
合格のためにやれることは全てやります。
理学療法士を輩出する専門学校ですから、あなたの国家試験合格は私たちの使命です。
東京リハでは国家試験対策は1年次から始まります
段階的に技術と知識を蓄えていけるプログラムで、3年生の夏までに仕上げる計画で進めます。
放課後も開放されている教室は自主学習する最高の環境。
先生への質問も自由に行えます。
全学年共通で行われる模擬試験では優秀者が表彰されます。
あなたの合格のためならやれることは全てやるのが東京リハの流儀。
学校全体で一丸となって、やる気になれる体制です。

学習カリキュラム

学びのリアル
学年があがるごとに実感できる成長があります。

実習ゼミ(全学年対象)

先輩たちの経験は学校の財産。 先輩・後輩が互いに高めるプログラム。 東京リハでは先輩も教員です。

就職・国家資格合格実績

2014年度 理学療法士国家試験合格率 88% 病院就職に強い!
専門職就職率100%(そのうち、病院就職率96%)