理学療法士になるには

理学療法士になるには

理学療法士の国家試験を受験するには、高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成施設で3年以上学ぶことが必要です。

養成施設には4年制の大学、3年制の短大、3年制または4年制の専門学校があります。
これらの学校で、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学などを講義と実習を通して学びます。

【専門学校の種類】
専門学校には、3年生と4年生があり、それぞれ昼間・夜間の部があります。
東京リハビリテーション専門学校は、4年生で昼間部の専門学校です。
3年生の学校と比べ、より充実した多くのプログラムを学べるのが特徴です。

理学療法士とは?

理学療法士は、ケガを負った人や、身体に障がいのある人等の日常

生活の動作改善をサポートする、とても意義のある仕事。
国が認定する国家資格です。
優れた知識と技術力を兼ね備えているのは当たり前。
症状の違う患者様一人ひとりに適切な対応ができ、患者様から選ばれる理学療法士になることが目標です。
それは決して楽な道ではありません。
だからこそ仲間同士で切磋琢 磨し、教員が学生一人ひとりに丁寧に向き合いサポートできる環境 を整えています。
また、在学中から理学療法のリアルを学べる施設設備を用意しています。

理学療法士とは?

取得できる資格

国家資格 「理学療法士」 受験資格

卒業後活躍できる就職先

  • 総合病院
  • リハビリテーション病院
  • 老人保健施設
  • 肢体不自由児施設
  • 訪問リハビリテーション
  • スポーツ関連企業
  • 行政・自治体   など

理学療法士が活躍できる場所

肢体不自由児施設

手足などに麻痺や機能的な障がいが あるため、訓練・指導が必要な 児童のための療育施設

予防を目的とする職業

病院の中だけでなく、地域の介護予防、コミュニティの形成にも 関わるため、行政で働くケースも

スポーツ関係

スポーツ選手のもと、主としてトレーナーとして活躍している人、運動施設で指導員として働く人も

マッサージ針灸

独立開業が可能なマッサージ 師や鍼灸師の資格を並行して取得し、病院外で活躍するケースも

訪問リハビリテーション

病院から自宅を訪問して、リアルな生活環境の中での指導や練習、日常生活上のアドバイスを行う

介護老人保健施設

在宅への復帰は希望しない 老人介護施設。医師や看護師などの専門職が連携してケアを行う

リハビリテーション病院

病気やケガの状態が安定し、 機能回復や能力改善が積極的に行える回復期を専門とする病院

慢性期病院

病気やケガの状態は安定したが、継続的に長期入院治療が必要な患者様を専門に診る病院

急性期病院

重症の患者様が24時間体制で治療を受ける集中治療室、脳卒中から1~2週間の治療を専門とする

スタートラインはみんな一緒。

スタートラインはみんな一緒。
理学療法士になるために学ばなければならないことはたくさんあります。
入学してすぐは、初めてのことばかりで戸惑うこともあるでしょう。
東京リハでは、理学療法士になるためのたくさんのハードルを一つずつ越えていけるよう、考え抜いた教育プログラムを用意しています。
例えば隣接するリハビリ施設では、複数の高齢者の方とふれあい、訓練をすることができます。
計測のために「腕を上げてください」とお願いするだけでも、うまく伝えられず、焦ってしまうことも。
日頃から、リアルな経験ができるのは大きなアドバンテージとなります。

東京リハを体感

体験授業・相談会・オープンカレッジ
学校の環境と学んでいる学生、支える教員を見に来てください。

資料請求・
各種お問い合わせ

東京リハ最新パンフレット配布中!
資料をご希望の方、その他お問い合わせなどはこちらから

学習カリキュラム

学びのリアル
学年があがるごとに実感できる成長があります。